歯医者に行けない高齢者

>

検診の機会を失わないように

継続しなければいけない

数か月前に検診を受けるたから、もうしばらく受けなくても良いと思わないでください。
検診は毎月受けることで、病気の初期症状でも気づけます。
訪問歯科は好きな日程を選び、毎月自宅に来てもらえるので習慣化しやすい面がメリットです。
頭では検診を受けた方が良いとわかっていても、事情があってなかなか実現できなかった高齢者がいると思います。

訪問歯科なら、自分の生活リズムやスタイルに合わせて検診を受けられます。
毎月来てもらえるよう、事前に予約しておきましょう。
予約すれば、毎回連絡しなくて良いので面倒な手間を省けます。
病気になっていることに気づいても、初期症状の時に治療を始めれば被害を最小限に抑えられるので安心してください。

気になることを気軽に相談

自宅に来るので、その場で患者は自分しかいません。
医師が自分だけに集中して、検診を行ってくれる面がメリットです。
歯医者に行くと、たくさんの患者の治療を同時進行で進めます。
ですから聞きたいことがあってもタイミングが合わずに、いつまでも聞けないという事態が起こるでしょう。

訪問歯科なら他の患者を気にせず、いつでも気になった時に質問できるので何でも訪ねてください。
医師はわかりやすく説明してくれるので、答えを聞いて安心しましょう。
普段生活を送っている時にふと質問が浮かんだら、忘れないようにメモに残すのが良い方法です。
そして、次回の訪問歯科の時に聞いてください。
メモしないと、何を聞きたかったのか忘れてしまいます。


この記事をシェアする